【フリーランス】楽天銀行ビジネス口座を作ってみた

フリーランス・副業

先日、開業届を提出し個人事業主になりました。

マナミ
マナミ

確定申告の時にプライベートと事業の収入・支出は分けておいたほうがいいと聞くし、収入の口座だけでも作っておこうかな?

こんなざっくりした感じでビジネス用口座に興味を持ち、
前知識はほぼゼロ状態でしたが新しく事業用口座をつくることにしました。

私の収入について(どれを口座にいれる?)


まず、自分の収入となっているものをリストアップ。
「これはビジネス口座に入金しようかな」というものを明確にするところから始めました。

ビジネス口座に入金するもの
○イラスト・画像データの受注分
(Amazonギフト券で支払っていただいたので、今後ビジネス口座へ振り込みにしてもらう)
○YouTubeの収益
(Googleアドセンスの振込先を変更)
○メルマガ紹介等のアフィリエイト関係
(振込先を変更)
○ネットショップ(シール屋さん)の売り上げ
(今は準備中。振込手数料無料となる3万円まで到達してないけど一度振り込むことにする)

そのほかの収益については直接使う(振り込まない)場合もあると気づきました。
△LINEスタンプ収益
(振込手数料が高いのでLINE pay残高にいれてLINE pay決済で使ったほうが良い)
△Amazonアソシエイト、楽天ルームポイント
(AmazonアソシエイトはAmazonギフト券、楽天ルームは楽天ポイントにしているのでそのまま消化)
△メルカリの売り上げ
(振込手数料がかかるのでそのままiD決済で使うかメルカリで中古品を買うのに使う)

マナミ
マナミ

リストアップしたことでだいたい口座に入るお金の目安がわかった!
やっぱり作ろう!

口座開設をしてみた

楽天銀行の個人用口座をもっていたので楽天銀行の個人事業主用ビジネス口座を作ることに。
※法人用と個人事業主用があるので注意です。
また、楽天銀行で個人事業主用ビジネス口座を作る場合は楽天銀行の個人用口座を持っていることが前提になります。

マナミ
マナミ

楽天銀行の口座もってるからラッキー♪すぐ手続きできる!

税務署の受理印つき開業届?

 申し込みはホームページからサクサクと進んだのですが、ここで気になるポイントが。

●ご提出いただきたい書類
下記のうち、いずれか1つを同封の「返信用封筒」で送付ください。
個人事業開業届(受付印のあるもの)・・・コピー1部
個人事業開始申告書(受付印のあるもの)・・・コピー1部

https://www.rakuten-bank.co.jp/smallbusiness/account/id.html

ここでまさかの「ハンコ」という壁。
私は家にいながら開業届を出したので開業届のPDFはあるものの受付印がないのです。
え、ここにきてやっぱり税務署にいかないとだめなのか??(絶対いや)

というわけで、楽天銀行に問い合わせることにしました。

ハンコなくてもOK?問い合わせてみた

チャットサービスに問い合わせたところ、楽天銀行ビジネス口座に関してはチャットサービスが対応しておらず、メールでのやりとりになるということでした。

こんな感じで問い合わせをしてみました。

お世話になります。
提出書類に「開業届のコピー」とあり、受付印が必要とのことでした。
電子申告をしたため税務署に直接行くっていないので受付印がありません。
電子申告が受付完了となっているのはe-taxの画面上で確認できます。この場合、受付印のある書類コピーが必要なのかまた受付印の代わりになるものが他にあるかお伺いしたいです。

とりあえず受理されてるんだけどハンコがないんだよ!ということを主張してみました。

ハンコなしでもOKだった!

楽天銀行から早速おへんじがきました。

開業届について、電子申告により、受付印が確認できない場合は、以下の項目が確認できる書面コピーを同封願います。

・利用者認識番号
・受付番号(受認番号)
・申請日


何卒、宜しくお願いいたします。

 上記3つが確認できるものがあればOK。ということは…
 e-taxの受付完了の画面を見せれば全部いけるんじゃない!?

 というわけでハンコなし開業届のPDFをプリントアウトし、さらにiphoneでe-taxのスクリーンショットを撮影→印刷しました。

実際にプリントアウトしたのはこの2画面ぶんのスクリーンショット。情報としては右半分(2枚目)でOKかな?と思ったのですが
氏名や提出先等もあったほうがいいかなと思い左半分(1枚目)もあわせて提出することにしました。二度手間は嫌…

楽天から指定された申込番号を書類の右端に直接かいて、封筒へ入れてポストへ。

申し込みができたのか確認

無事に口座が開けたのかなぁと思いつつ2週間ほどすぎました。
楽天銀行から口座のキャッシュカードが届かないぞ?と思い、
書類の不備かしらと不安になったので状況を問い合わせてみました。

お客様の個人ビジネス口座情報をお調べしたところ、口座開設済となっており、
現時点で初期設定がされていない状態でございました。
個人ビジネス口座の初期設定を行う為には、まず個人口座にログインの上、
必要な情報を取得していただく必要がございます。

マナミ
マナミ

え、開設ずみだったの?

全く気付かず、無駄な時間を過ごしてしまいました…
後から分かったのですが届くのはセキュリティカード(手続きに必要なアルファベットがかいてあるもの)だけ。キャッシュカードは、別途料金がかかるんですね。
私の場合は、問い合わせの数日後にセキュリティカードが届きました。

問い合わせのお返事メールの指示に従って進めることができたんですが
問い合わせなかったら分かりにくかったかもしれない…

HPから初期設定の手続き

楽天さんから指示していただいた初期の設定手続きは以下の通りです。(一部)

個人ビジネス口座の初期設定を行う為には、まず個人口座にログインの上、
必要な情報を取得していただく必要がございます。

個人口座へログイン後、「楽天銀行サービス一覧」をご選択いただき、
「便利なサービス」⇒「個人ビジネス口座開設」へとお進み願います。

 ・支店番号と口座番号は画面上に表示されております。
 ・口座情報の左側にある「選択」のチェックボックスをクリックし、
  「仮ログインパスワードを取得する」ボタンを押下し、
  パスワードを取得願います。
 ※暗証番号入力画面が表示されます。個人口座でご登録の暗証番号をご入力ください。

「支店番号」「口座番号」「仮ログインパスワード」を取得されましたら、
一度個人口座をログアウトいただき、再度当行HPを開いてください。
画面左上の「個人事業主のお客さま」を選択後、ログインボタンを押下し、
ユーザID(支店番号・口座番号をつなげた10桁の数字)と
仮ログインパスワードをご入力いただき、個人ビジネス口座の
初回ログイン設定を行っていただきますようお願いいたします。

この通りすすめていくと、無事に口座を開くことができました!
自分の支店、口座番号を確認し一安心。

口座をつくるときの注意

口座を開いてから分かったことをいくつか書いておくので、これから口座をつくる方は参考にしてください。

口座名義に屋号は使える→でも姓名表記も必要

口座を作った理由の一つに「屋号を使いたい」というのはありました。
屋号の名義にすれば振り込むときにフルネームを知られずに済むのでは??と思ったのですね。
これ、できませんでした。
屋号名+姓名 で口座名義が表示されていたので変更手続きをしてみたところ「姓名表記は必須です」
ということではねられてしまいました。
ちなみに名義変更自体は個人設定からオンラインですることができます。
しかし、審査があるので私のようにできない場合もあります。

自分の個人口座に振り込むときも手数料がかかる

個人で稼いだ分を自分の個人口座に送金する気まんまんだったのですが楽天銀行ビジネス口座からだと送金手数料がかかることが発覚しました。

マナミ
マナミ

個人の楽天銀行口座から他の人の楽天銀行口座に振り込むときはタダなのにー!

手数料と言っても52円なのですが…無料ではないことがあとからわかったので少しショックでした。

キャッシュカードが有料

キャッシュカードが有料なのもあとから知りました。
(ちゃんと調べろ…)
キャッシュカードもビジネス用デビットカードも、年会費1100円かかります。

ただ、今のところ現金で入出金することはないかな?という感じなので作っていません。
必要になってから作ろうと思っています。

マナミ
マナミ

とりあえず経費になりそうなものは、全て1枚のクレジットカード(楽天カード)にまとめることにしました。普段のクレカ支払いはVISA LINE payなので、これで区別します。
楽天カードは複数枚持てるのでプライベート/経費で2枚目をつくるのもアリ。

【結論】ほぼ家にいながら口座を開くことはできる

結論として、「書類をポストにいれる」以外はすべて自宅で完結。
ネットの手続きで済ませることができました。
申し込んでからわかった色々なディメリットはありましたが
「プライベートとビジネスの口座をわける!」ということを一番に考えたら
手続き等は在宅で済んで楽だったほうなのかな…?と思います。
これから口座を作る人の参考になったら嬉しいです。

コメント

PAGE TOP
タイトルとURLをコピーしました