【税務署いかなくてOK】今すぐ開業してフリーランスになろう

フリーランス・副業

この記事について

30歳、大学院生、主婦、妊婦、youtuber、クリエイター。
いろんな肩書(?)を持っている人間が、家でひきこもりつつ開業届を出し、
個人事業主・フリーランスになりました。

【この記事に向いている人】
 フリーランスになるための手続きをしたいけれどめんどくさそう
 手続きってどんな感じ?ざっくり知りたい
 税務署や市役所にいかないと手続きができないの?

この記事では私が
在宅でちょこちょこ稼ぐやつ→フリーランス
になるまで実際にやったことをざっくり書きます。

手続き前の私 
(開業届を出した理由)

2021年の2月が終わるころ、世の中は確定申告に大騒ぎしていましたが
「自分はどこにも勤めてないしそんなに稼いでないから関係ないよね」とノータッチでした。

でも「もしかしたら私ってすでにフリーランスなのかも?」とも思い始めていました。

そこでなんとなく疑問に思ったことを色々調べているうちに
「今はよくても来年は確定申告が必要かも」と思うようになります。

マナミ
  • 開業届を提出してフリーランスになったほうが節税になるかも?
  • 年間20万稼いだら確定申告が必要らしい
    (今はYouTubeとかイラストでちょこちょこ稼いでるけど
     今年全部あわせたらそれぐらいになるかも…)
  • いつか子どもを保育園に預けたいけど働いてないから勤務証明書が出せない?でも開業届のコピーがあれば保育園に預けられるみたい!
  • 何かフリーランスって格好いい!!

と、動機はこんな感じでした。
けれども妊娠中ということもあり、外にでるのがとにかく億劫。

マナミ

面倒だし、体力ないし、家でできるなら家で済ませたいけど、
役所とか税務署とかいかないとダメなのかな…
でも出産したらもっといけないだろうし…
書類ぐらいは家で作ってあとは出すだけ、みたいにしようかな?

と思って作業を進めていたところ
なんと手続きをほぼ自宅のリビングで済ませることができました!

結論 手続きは家でできる!

 ・書類作成は「開業free」のサービスを使えばすぐ作成できる
  (iphoneアプリ、PCwebサイトどちらもあります)


 ・「電子申告」で基本的に手続きは家で完結する
 ・マイナンバーカードの読み取り作業もスマホでOK

 私は隙間時間にちょこちょこやってたので2~3日かかりましたが、早ければ半日~1日ですべて済むと思います。

必要なもの(私が使ったもの)

 ・PC作業環境 (iphoneで調べたりアプリを使用しつつ、PCサイト等も併用して作業するのがおすすめ)
 ・iphone(アプリ使用やマイナンバーカードの読み取りに使います)
 ・マイナンバーカード(電子申請の有効期限内のもの)
  ※重要 
  カードの発行や内容更新の時期によって、そのまま電子申告できない場合があります。
  私の場合、マイナンバーカードは持っていましたがそれが無効だったようでスマホで読み取りができずエラーになり続けました。
  そのため市役所のマイナンバーカード受付窓口で更新する必要がありました。
  これが今回の手続きで唯一「自宅でできなかった部分」です。
  市役所に行く機会があれば、自身のマイナンバーカードが電子申告できるカードなのか確認してみると良いです。

マナミ

しかもAmazonでICカードリーダー買ったけど要らなかった…いずれ確定申告で使うからいいか…

開業届をだすまでの「ざっくりした流れ」

私がやったことの「おおまかな流れ」を中心にまとめてみました。
「だいたいこんなことするのか~」というイメージで読んでみてください。


1.開業届を作成する

書類作成はアプリを使いました。
登録から作成まで全て無料で利用することができます。

※画像からリンクに飛べます

ここで必要事項を選択・入力していけば勝手に開業届などの書類PDFが完成します。
ちょっと迷ったり、途中ググったりしたけれど、それでPDFがパッとできてしまうので簡単でした。


「一瞬迷ったけどなんとか入力した部分」について

・事業内容について

 現在手掛けていること…YouTube・アフィリエイト・イラストレーター・LINEスタンプクリエイター→デザイナー・クリエイターっぽい!と思ったので「デザイナー・クリエイター」を選択しました。(デザイン、WEBコンテンツ制作でもよかったかも)

・給与支払いの予定
 従業員を雇っていないので 「今のところ予定なし」というあいまいな選択肢を選択。

・屋号について
 入力しなくても先に進めそうでしたが、設定しました。
 オンラインショップをやっていたときに使っていたショップ名
「Manami works(マナミワークス)」 です。
 設定した理由→ビジネス用口座をつくるときに口座名を屋号にする可能性があったため


2.電子申告をする

「開業free」と同じ会社が「電子申告アプリ」を出しているのでiphoneでこちらをダウンロード。

★free 電子申告アプリhttps://apps.apple.com/jp/app/%E9%9B%BB%E5%AD%90%E7%94%B3%E5%91%8A%E3%82%A2%E3%83%97%E3%83%AA/id1542576208

ここからはe-taxという国税庁のwebページと連携しつつの作業になります。

指示に従いつつ画面をすすめていくと、パスワードの設定やひみつの質問設定などがあります。
スマホでスクリーンショットをとっておくなり、メモしておくなりすると良いです。
利用者識別番号、受付番号などが発行されます。


指示に従っていくと「マイナンバーカードの読み取り」をする場面があります。
PCに接続するカードリーダーでも読み取りOKなようですが、私はマイナンバーカードの上にスマホを置いて読み取りました。
(マイナポイントの手付きをやったことがある方は、その時の感じに似てるかも)

私はこの時にマイナンバーカードを読み取れないエラーが発生。
「失効しています」「市役所で手続きしてください」というメッセージが出たので、市役所に行きました…
この時点で読み取りが完了した人は、このまま手続きができます。
ここでひっかかったひとは、おとなしく市役所のマイナンバーカードの担当窓口へ。

3.e-taxのログイン画面で確認 → おしまい

メッセージボックスに受付が完了したかどうかのメッセージが届きます。
※マイナンバーが読み取れなかったらエラーがでます

「確認できませんでした」等の「エラー」的なメッセージがきていなければ
これで完了です。

マナミ

え、なんか、私、今日、フリーランスになったん・・・・?

という感じで正直、あっけなかったです。
(その時のツイートがこちら)

【結論】家にいながら開業届を出すことは可能

「開業届 提出」と調べると、まだまだ「郵送 or 税務署に直接行く」という
選択肢の情報が多く家にいながら電子申告で完結したという情報は少なかったです。

今回の記事ではざっくり一連の流れを書きましたが
開業freeは無料会員登録をすれば作業が途中でもログインすればデータが残るため
1度に全部作業をしなくてもOKです。
e-tax(国税庁のサービス)でも、利用者識別番号を発行やパスワードを発行する段階まで進んだらOK!

基本的なデータはログインで呼び出せるため、細切れの作業ができます。
もちろんプリントアウトして残しておかないと消える!ということもありません。

実際、私は楽天銀行の「ビジネス口座申し込みの手続き」ではじめてプリントアウトしました。
このことについてはまた記事を書こうとおもいます。

マナミ

税務署に行ってないから開業届に受領ハンコがないけど、
がんばって楽天銀行のビジネス口座をつくるよ!

最後まで読んで下さりありがとうございました。

⬇︎こちらの記事も合わせてどうぞ!

コメント

  1. […] 【税務署いかずに開業】フリーランスになるための手続き【ざっくり紹介】この記事について30歳、大学院生、主婦、妊婦、youtuber、クリエイター。いろんな肩書(?)を持っている人間が […]

  2. […] 【税務署いかずに開業】フリーランスになるための手続き【ざっくり紹介】 […]

PAGE TOP
タイトルとURLをコピーしました